SPFとは


SPF

SPFはSun Protection Factor(サン・プロテクション・ファクター)の略で、UV-Aより有害である「UV-B」の防止効果を示す数値です。紫外線をあびたときに赤くなる(サンバーン)までの時間を何倍まで長くできるか、を意味します。たとえば、SPF30であれば30倍時間を延ばすことができる、ということです。紫外線をあびて20分後に赤い斑点が現れる人がSPF30の日焼け止めを塗った場合、20分×30倍=600分、よって約10時間たったころに赤い斑点が現れるということです。

ただし、この計測方法が1㎠あたりに2mgを塗ったときの計測結果となります。普段お使いのときはこれを薄くのばしてのご使用となりますので、2〜3時間に1回など、こまめにたっぷり日焼け止めをお使いいただくことをおすすめいたします。その点、GOLSENの日焼け止めシリーズは、敏感肌の方にも、乳幼児にも、ご使用できるほど肌への負担が少ない日焼け止めを使用しておりますので、ご安心してたっぷり1日何回もお塗りすることができます。

日焼け止め関連商品
日焼け止め SPF50 PA+++/COOL/ペパーミント
当該製品は、最高値“SPF50”でございます
【特徴1:Cool】 塗るとスーッと清涼感
【特徴2:肌ケア】 日焼けの炎症を抑える成分と保湿を保つための成分、贅沢配合
【特徴3:微香】 汗の匂いを緩和するためにペパーミントのほのかな香り

  • ショッピングカート

      只今、カートに商品はございません。
      (カゴの商品数:0種類、合計数:0)
  • 気軽に何でもコメント欄

    メールアドレス(任意)

    GOLSENからの返信ご希望の方は 「お問い合わせ」フォームからお願いします。
  • 読み込み中 ... 読み込み中 ...
  • インフォメーション