紫外線がおよぼす悪影響について


■   概要

紫外線は「しみ・しわ」の原因になるだけでなく、【皮膚癌】、【白内障(目の病気)】、免疫の低下による【感染症】などの発症率を高めます。すなわち、紫外線は「健康」にも害を与えるのです。

これらの認識は紫外線が強く、メラニン色素が少ない白色系人種の多いオーストラリアやアメリカでは進んでいます。とくに、癌患者の半分が、皮膚がんと言われているオーストラリアでは国をあげて紫外線予防に取り組んでいます。

今後、オゾン層の減少に伴い、日本にも紫外線が多く降り注いでくることになるでしょう。

■   紫外線が及ぼす悪影響について

紫外線は「シミ・シワ」の原因だけでなく、細胞や遺伝子レベルにも悪影響を及ぼします。とくに、皮膚ガン発症率が日本に比べてはるかに高いオーストラリ、そして、アメリカ・日本では、国をあげて紫外線に対して対策を撮ってきております。

日焼け止め関連商品
日焼け止め SPF50 PA+++/COOL/ペパーミント
【特徴1:Cool】 塗るとスーッと清涼感
【特徴2:肌ケア】 日焼けの炎症を抑える成分と保湿を保つための成分、贅沢配合
【特徴3:微香】 汗の匂いを緩和するためにペパーミントのほのかな香り

  • ショッピングカート

      只今、カートに商品はございません。
      (カゴの商品数:0種類、合計数:0)
  • 気軽に何でもコメント欄

    メールアドレス(任意)

    GOLSENからの返信ご希望の方は 「お問い合わせ」フォームからお願いします。
  • 読み込み中 ... 読み込み中 ...
  • インフォメーション